歯周病

全身の健康にも影響を及ぼす歯周病

歯科治療の風景

歯周病は 、中年以降の日本人では 80%がかかっている病気です。初期は目立った症状がなく、ゆっくり進行するため、「静かな病気 (サイレント ・ディジーズ )」とも呼ばれています。進行すればするほど、治療は難しくなり、歯のグラつきに気づいたときにはすでに手遅れのことも多く、日本人が歯を失う最も大きな原因となっています。また歯周病は細菌による感染症であり、歯周病菌が口の中だけでなく、全身の健康にも悪い影響を及ぼすことがわかってきています。

のとはら歯科医院では、歯周病については特に専門医として向き合ってきております。

日本歯周病学会認定の歯周病専門医としての認定を受けており、この専門医は数が非常に少ないものです。

「歯や周辺の調子がおかしいな?」と思ったら、まずは検診にいらしてください。

日本人の70%を悩ます歯周病の正体

歯を失う原因の円グラフ

歯を失う原因は 、虫歯だと考えている人は多いでしょう 。しかし日本人が歯を抜かなければならなくなる原因のトップは、歯周病です。
虫歯は住まいで言えばウワモノ部分の問題ですから、雨漏りや壁の崩れなどが生じても、その部分だけ補修すれば済みます。一方、歯周病は、歯を支えている歯槽骨などの 「地盤部分」がもろくなって地盤沈下を起こしている状態で 、治療で地盤を強化しなければウワモノまで崩れてしまいます。さらに同じ環境にさらされている周囲の地盤も弱っているので、他の歯にまで被害が拡大し、最終的にはすべての歯を失うことになりかねません。 「 75歳以上の 3分の 1以上は総入れ歯になっている 」という現実の背景には、歯周病が大きく関与しているのです。

歯周病予防の秘訣

歯周病予防は35歳から

まずは検診によってご自身の歯の状態を知りましょう。

専門的歯周病治療

必要であれば、早期に治療し歯周病の進行をくい止めましょう。

3ヶ月に1回、歯と歯ぐきのクリーニング

定期的なケアによって、歯周病の再発を防止しましょう。

歯の汚れを取り除く治療が主体となります

歯周病の治療

歯周病は細菌による感染症なので、歯周病菌によって悪化しますが、歯周病菌だけでは発症はしないものです。
歯垢(プラーク)や歯周病菌から生体を守ろうとする細胞との戦いによって歯肉に炎症を起こし、やがて歯槽骨などの歯周病組織を破壊していくことになるのです。

そこで治療としては、原因であるプラークや歯石を取り除く「歯周病基本治療」に重きを置いています。
これは患者様ご自身で行っていただく「セルフケア(ブラッシング)」と、歯科医院で行わせていただく専門的な「プロフェッショナルケア」がセットとなります。

歯周病基本治療は、患者様ご自身が軽度の歯肉炎の段階でも、中等度以上、あるいは重症に進行している患者様にも共通する治療です。

歯周病治療後の良い状態をキープするために

歯周病メンテナンス

歯周病の治療では、根気強く通院していただき、歯周病が良くなってもメンテナンスのための受診に来ていただくこともございます。
症状が改善したら治療は一段落ですが、それで終わりではありません。歯周病は再発しやすい病気なので、口の中をずっと良い状態に維持していくためのメンテナンス(定期検診)を続けていく必要がございます。

メンテナンスの主な目的は、「再発の早期発見」「ブラッシングのチェックと指導」「リスクコントロール」「定期的なクリーニング」の4つです。どのくらいの頻度でメンテナンスするかは、口の中の状態や全身の状態などによって変わります。

1-歯周病の再発の早期発見

歯周病の原因は口の中に棲んでいる歯周病菌です。歯周病菌をゼロにするのは難しく、プラークがたまってくれば容易に再発します。

重症化を防ぐために、定期的な観察で再発をいち早く発見し、治療につなげることが大切です。

2-ブラッシングのチェック・指導

正しいブラッシング法の指導を受けた直後はそのとおりに磨けていても、時間が経つにつれて以前のクセが出て、磨き残しが増えてしまうことも少なくありません。

定期的に磨き方をチェックして、必要に応じてブラッシングを再度指導します。

3-リスクコントロール

リスク因子には、咬み合わせの悪さや歯ぎしりのクセ、虫歯など「口の中のリスク因子」と、不適切な食習慣や喫煙、ストレス、全身の病気など「全身的なリスク因子」があります。

改善状況を定期的にチェックして、前者には治療、後者には指導や治療勧告を行う必要があります。

4-専門家による定期的なクリーニング

セルフケアでできることには限界があります。ブラッシングのクセによる磨き残しはもちろんですが、適切に磨いても歯ブラシの毛先は歯周ポケットの奥深くまでは届かず、汚れがたまっていきます。

定期的に歯科医院で除去することが必要です。

page top