院長・スタッフ紹介

院長紹介

のとはら歯科医院院長画像

のとはら歯科医院 院長

能登原 靖宏

 

歯学博士
日本歯周病学会公認 歯周病専門医
大阪歯科大学歯周病学講座 非常勤講師

 

のとはら歯科医院 芦屋診療所は、2011年11月1日に開院いたしました。

15年前まで当地で診療していた、祖父にあたる倉内歯科医院 倉内靖正の跡を継ぎ、近隣の皆様のお口の健康に貢献したいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

ご挨拶

西宮市立苦楽園小学校卒業後、愛媛県の私立愛光学園で中学・高校と寮生活を送りました。愛媛では、のびのびと社会性を育むことができました。

大阪歯科大学に入学し、歯学について学ぶとともに、ラグビーに没頭しました。
また、在学中シドニー大学に留学し、国際交流させていただきました。

大学卒業後、大阪歯科大学歯周病学講座大学院に進学いたしました。
ここで、最新の歯周病治療、特に再生治療について学び、歯周病と全身疾患との相関性、特に動脈硬化や心臓血管疾患に及ぼす影響について研究させて頂きました。
また、在学中にコロンビア大学に留学し、最先端の歯周病・インプラント治療を学びました。

大学院卒業後、大阪歯科大学歯周病学講座専任教員として、臨床・研究・教育に携わりました。

現在、日本人の35歳以上の80%以上の方が無自覚のうちに、歯周病にかかっておられ、40歳以上で歯を失う原因の80%が歯周病であるといわれています。これは、世界の先進諸国と比べると、非常に悪い状態といえます。
また、心筋梗塞を発症した方の閉塞した血管の30%の部位から歯周病原菌が検出されていることから、世界中で歯周病予防の重要性が訴えられています。

皆様の歯を、1本1本精一杯大切にし、抜かない・削らない治療をすることと、痛みの少ない・ストレスのかからない治療を心がけています。

是非、お気軽にお越し下さい。

院長プロフィール

■資格

歯学博士、日本歯周病学会公認 歯周病専門医、大阪歯科大学歯周病学講座 非常勤講師。

 

■経歴

西宮市立苦楽園小学校卒業

愛媛県 私立愛光学園 中等部、高等部 卒業

大阪歯科大学 入学

在学中 シドニー大学に留学、コロンビア大学留学において最先端のインプラントや歯周病治療を学ぶ。

大学卒業後、大阪歯科大学歯周病学講座大学院で最新の歯周病治療、再生治療について学び、歯周病と全身疾患の相関性、特に動脈硬化や心臓血管疾患に及ぼす影響について研究。

大学院卒業後、大阪歯科大学歯周病学講座専任教員として臨床・研究・教育に携わる。

2011年11月に「のとはら歯科医院 芦屋診療所」を開院。

page top